スポンサードリンク

あなたがしたいことはビジネス?労働?

MLMは正真正銘ビジネスです。

「在宅でスキマ時間にお金を稼げないかな」っと思った時、

必ず最初に考えて欲しいことがあります。



それは

「あなたがしたいことは『ビジネス』なのか『労働』なのか」ということ。

office.png

この2つ、どう違うと思いますか?

『労働』から説明しますね。

『労働』
「あなたは誰かに雇用され、もしくは会社等に所属し、そこから仕事をもらう。何かあったときの責任は雇用主がある程度持ってくれる。
レバレッジが効かず、働いた分だけがお金になり、働かなければ収入は終わる」

『ビジネス』
「あなたが仕事の全責任を負い、自分で仕事を生み出す。仕事への投資も必要だし、仕事してもお金にならないこともある。しかし、レバレッジが効き、一人で大きく稼ぎ出すことも可能。仕組みを作ることで自動収益化も可能」

それぞれにポイントをまとめます。

『労働』

・働いた分だけお金になる。
・雇用先から仕事をもらえる。(自分で探さなくていい)
・仕事をやめれば収入も止まる
・自分の首は雇用先が握っている。
・労働に対して稼げる限界がある

『ビジネス』

・レバレッジが効き、個人でも大きなお金を稼ぐことができる
・仕組みを組むことによって自動化ができる。
・リスクがある(仕事してもお金にならない、など)
・全責任は自分で負う



「ビジネス」は、「労働」よりも大きなお金を生み出すかもしれません。

でも「労働」してた方が着実に稼げてた、という結果だってありえます。

だからリスクが嫌いなら「労働」の方がずっと安牌です。

lgi01a201309142100_1.png

どちらがいいかはあなたが選ぶことです。

ちなみに私は『ビジネスがいい』と思い、今のビジネスを選びました(*´ω`*)


働いた分だけがお金になったらいいな、と思われる方は「労働」が向いているでしょう^^

いやいや!たとえ失敗してもレバレッジを効かせたいし、
自己責任の元創意工夫をしてみたい!という方は「ビジネス」の方が
より面白みを感じられるのではないでしょうか(*^^)v

私が選んだのは「ビジネス」

私は以前、息子を妊娠したときに「在宅勤務(労働)」ということで
入力の仕事をやったことがあります。

完全成功報酬で原稿1枚につき50円。

私はタイピングの速度にはそこそこの自信があったので、
それはもう「タイピングの選手権でもやってるのではないか」というぐらい
超真剣&休憩なしにタイピングし続けました。

そして1時間で10枚終わらせることができました!
さていくらになったかな…と計算したところ…

500yen-350x350_1.png


ご、ご、五百円!?


念のためお断りしておきますが、私は五百円を
「少ない端下金」とバカにする者ではありません。

どんなお金も尊い価値のあるものです。
500円玉のあのずっしりとした存在感やデザインも大好きです。



家に居ながら妊娠したお腹を抱えて、
1時間で500円を稼いだことは、
それ自体は価値のあることだと思います。

でも…


「労働は『自分の貴重な時間=人生』を切り売りしているんだ」
と強く実感したきっかけになったんです。



「私の人生の時間はそんな値段じゃないはず!!」

「もっと私の時間の価値を上げたい」



そして私は「労働」よりも「ビジネス」を選んだのでした。

pocket-watch-4-697889-m.jpg

ビジネスを選ぼうとしているあなたへ

私がビジネスに対して感じていることをお伝えしたいと思います。

まず、自分の創意工夫で結果を積み上げていくというところが、
とても面白いと感じています。

「労働」よりも楽しめている自分がいます。


「労働」しているときは
「時間」もしくは「仕事1件」=「●●円」
という捉え方をしていたのですが、

今は
「これ、やってみたらどうだろう」
「こんな風にしてみたら面白そう」

と動いてみたことに、結果としてお金がついてくる、
というイメージです。

また、私がやっていることはインターネットを利用し、
半自動化できることなので、ある意味
不労所得になっている要素もとてもいいなと思っています。

あなたの選択のご参考になれば幸いです(*^^)v

おすすめの記事



【無料公開♪】インターネットでスマートにネットワークビジネスしませんか?

ネットワークビジネスで権利収入を構築したい…

でも、口コミは苦手だし、人脈もないんだよね…


そんな方に朗報!!

ネットワークビジネスはインターネットで成功させる時代です。

インターネットを使いネットワークビジネスを成功させる方法を無料公開中♪
↓↓↓↓↓

cofede.jpg

当サイトは特定のネットワークビジネス会社を推奨していません。







a:991 t:1 y:0